So-net無料ブログ作成

独断と偏見によるキャラ別考察 [FF13]

前回に引き続きネタはFF13です(*'-')
今回はキャラ別に色々と考察してみたいと思います。(基本ロールのみ)
例によって若干ですがネタバレを含みますので、続きを読む場合はその点ご注意ください。
・ライトニング
基本ロール:アタッカー、ブラスター、ヒーラー
基本は攻撃だけど、危うくなったら回復もできる万能型。しかし中盤以降になりD/E/Jがパーティーに欲しくなると、いきなり居場所が無くなってしまう(・_・;)
強敵で攻撃力と回復の両方が欲しい時はお世話になりました。

・スノウ
基本ロール:ディフェンダー、アタッカー、ブラスター
基本は攻撃ですが、危うい時には盾となって敵の攻撃を集める防御型。ディフェンダーは強敵との戦いには無くてはならない存在なので、パーティに1人は居ると安心感がかなり違います。

・ヴァニラ
基本ロール:ヒーラー、ブラスター、ジャマー
回復と弱体がメインの娘。回復に関しては言うこと無しの性能を持ち、HPもホープより多いので死に難く使いやすい。また弱体も固い敵の出てくる中盤以降では非常に助かりました。そして彼女しか使えないバイオ(ジャマー時)が有用な場面も少なくなかったと思います。(某強敵との戦闘ではバイオの有る無しで難易度がまるっきり変わるくらいでした)

・ホープ
基本ロール:ヒーラー、エンハンサー、ブラスター
回復と強化がメインでどちらかといえば防御型。HPが6人中最低なので、強烈な攻撃を持つ敵で即死する危険性あるのが唯一であり最大の欠点かもしれません。ヒーラーとしてはヴァニラと同様にトップクラスの性能をもっていますが、やはり死に易いのでそこから崩れることがあります。エンハンサーとしては序盤からプロテス・シェルを覚えるので、強敵時に守りを固めていく作戦をとった場合はなくてはならない存在。ブラスターとしては最終的にはガ系を全て覚えるので、雑魚戦では非常に頼れる存在になります。

・サッズ
基本ロール:エンハンサー、アタッカー、ブラスター
物理攻撃力も魔法攻撃力もどちらもパッとしないお父さん。しかし、実はそれを補って余りあるほどのエンハンス能力を持っていたりします。
ホープに比べるとヘイストの習得が早く、代わりにプロテス・シェルの習得が遅いのですが、実はこれこそが最も重要なことだったりします。CPUの思考では攻撃よりも防御が優先される為に、敵が強力な攻撃や魔法を持っている場合、ブレイブ・フェイス・エン系・ヘイストなどの攻撃に有利になる強化よりも、プロテス・シェル・バ系など防御に有利になる魔法が優先されます。ところがサッズはプロテス・シェルを使えないので、バ系は掛けますが、その後エン系やブレイブ・フェイス・ヘイスト等攻撃に有利になる強化を掛けます。これらの攻撃の為の強化はホープに比べるとかなり早く行われるので、結果として戦闘を短時間で終わらせることが可能になります。 終盤でクリスタリウムのLvが9になるとサッズもプロテス・シェルの習得が可能になりますが、前述の理由により覚えない方が攻撃の為の強化タイミングが早くなる為、戦闘時間を速く終わらせるのを目的とするならプロテスとシェルは未修得で良いと思います。

・ファング
基本ロール:アタッカー、ディフェンダー、ジャマー
攻撃に関しては言うことの無い性能持ち、緊急時にはディフェンダーとなりパーティを守ることも可能で、さらにジャマーとして敵の弱体も出来る、色々と凄いお姉さん。
唯一の欠点は基本ロールにブラスターが無いこと。クリア前だと基本ロール以外はロールレベル2までしか成長できないので性能もイマイチですが、全て開放された後にブラスターを極めることが出来れば、すべてにおいて隙の無いキャラクターとなるでしょう。


最後に、
わたしがメインとして使っていた編成はスノウ+サッズ+ヴァニラで、オプティマはABB、AEB、ABJ、BBB、DAH、ABHでした。
サッズで強化をしつつ攻撃、ブレイクしたらヴァニラで弱体入れて一気に落とすという戦い方でした。
サッズの強化の速度を上げるために、閃光のスカーフ(開始時ATB完全)はほぼ必須となっています('∇')
またスノウの代わりとして、ファング(Bが使えない)や、ライトニング(Dが使えない)を入れても、特殊戦以外はそれほど問題は無いと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。