So-net無料ブログ作成

グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争- [PSP] [ゲーム]

なんか久々の更新。まぁ大震災やらなにやらあったし・・・ネ?ヽ(;・ー・)ノ

さて今回は5月19日にスティングから発売された『グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-』について書いてみる。
グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-

グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-

  • 出版社/メーカー: アトラス
  • メディア: Video Game

【良い点】
・キャラクターが可愛い
・キャラクターが良く動く(喋る時に口パクするなど、とにかく芸が細かい)
・タクティカルゲージの貯め方/使い方に戦略性がある

【良く無い点】
・ユニークユニットが強すぎる
・出撃ユニット数が4~6体と少ない(途中交代は一応可能)
・上記の2点よりプリエステスとウィッチを除く一般ユニットのほとんどが空気
・マップが13x13と狭い
・武器強化がセーブ/ロードを繰り返すことでノーリスクで+9まであげられる
・状態異常が多すぎる
・状態異常を治す魔法が無い
・状態異常を防御する防具/アクセも存在するが、1対1対応なので種類が多く、また装備箇所も5箇所しかないため有効活用できない
・追撃するキャラは高低差無視/壁無視なので、思わぬところから追撃が来る(orできる)
・フリーマップが無い
・選択肢はあるものの、進行ルートそのものには分岐がない

【総評】
色々と惜しい感じがするSRPG。
武器の熟練度や技ナンバーによる成長、反撃システム、タクティカルゲージによる戦略性など、面白いと感じさせるパーツは揃っているものの、逆にそれらが足かせになってしまっている部分も・・・。
マップを広くすれば出撃ユニットも増やせるだろうし、色々と不満点も解消できそうだが、出撃ユニットが増えると今度はタクティカルゲージシステムとの相性があまり良くない気がする(仮に10ユニット出撃しても、実際に動かすユニットは半数程度になってしまいそう)

スティングのゲームを買ったのはこれが初なので、これがスティングの限界なのか、それともこれらを改良して更に面白く出来るのかは分からない、とりあえず次回作(続編?)に期待したいと思う(*゜ー゜)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

Metter

お礼(?)に足跡ぺたぺた。

んー、スティングって結構「惜しい」が多い印象かなー。
頑張ってはいるんだけど的な。ただ、「やろう」とする姿勢は評価できるという感じかも。

全然関係ないけどPSVかぁ。
PS、PS2、PSP、PS3、と来て5個目ってことからVっぽいけど、VITAってVISTAを彷彿と(ぁ
by Metter (2011-06-08 12:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。